コラム

湿気×水=シロアリの棲み家

2015.12.22

湿気と水を多く含んでいる場所はお風呂。お風呂は毎日水を多く使う場所なので、すぐに湿気がたまりやすくなります。最悪、湿気がたまって、シロアリの棲み家となることもあるので注意しなければなりません。
少しでも、そうならない為に早めにシロアリ防除をしておきましょう。

<シロアリ防除①:換気扇を回す>
湿気を減らす為に、窓を開けておくことは大切ですが、マンションの場合、お風呂に窓がありません。その場合は、換気扇を回しておきましょう。換気扇を回しっぱなしにしておけば湿気が減るので、充分なシロアリ防除になります。
「換気扇を回しっぱなしにしたら、電気代が大変じゃないか?」と疑問を持つと思います。でも、意外に電気代は高く掛からずに済みます。
例えば、換気扇で発生する消費電力を20wと仮定した場合。この場合、換気扇を1年中回し続けると、年間の消費電力は175.2kWhになります。1kWhは日本円で21円となるので、175.2kWhを日本円にすると下記の計算結果が出ます。

21円×175.2kWh=年間4,030円

つまり、1年中換気扇を回し続けても、1年間の電気代は約4,000円ほどで済むのです。

<シロアリ防除②:水をかける>
お風呂から上がったら、お風呂全体に思いっきり水をかけてください。こうすれば、お風呂全体の温度が下がり、早く乾燥します。シロアリがやって来なくなるだけでなく、菌も洗い流すので、一石二鳥の効果が得られます。

<シロアリ防除③:ドアを閉めて通気口を開けておく>
ドアを開けておくことで、空気の流れを良くすると思いがち。でも、ドアの下にある通気口を開けておくだけで、空気の流れが良くなるんです。
ただ、通気口は定期的に掃除するようにしておいてください。通気口に汚れが付着すると、菌まで空気中に広げてしまいます。

どれも簡単なシロアリ防除になるので、一度、試してみてください。