コラム

シロアリの特徴を知って巣を見つける

2015.12.22

シロアリは、落ち葉や枯れ木を食べる特徴があるので、自然界では大変役に立っている生き物です。しかし、人間の世界では、非常に厄介な生き物でもあります。シロアリは、住宅の床下に侵入すると、あらゆる木材を食べつくしてしまいます。すると、住宅の耐久性がもの凄く弱くなるので、将来、地震発生で住宅が倒壊する恐れが出てきます。
住宅が倒壊すると、生活が苦しくなるだけでなく、お住まいの方が建材に押しつぶされる危険性も考えられます。
そんな大災害が起きない為にも、早めにシロアリの巣を見つけて、駆除しておきたいものです。
ただ、シロアリの巣は種類によって見つけやすい場合と、見つけにくい場合があります。

<シロアリの種類>
●イエシロアリ
イエシロアリの生息範囲は狭いので、被害を受ける地域も限られています。ですが、被害範囲はとても激しく、床下や天井裏など、あらゆる場所で被害を起こします。しかも、とても攻撃的な性格なので、相手が人間であろうが容赦なく咬みつくことも多いです。
その代わり、イエシロアリの巣は固定されているので、見つけやすいのが特徴です。ただし、イエシロアリの巣は「本巣」、「分巣」に分かれているので、巣の規模は大きく、それに合わせてイエシロアリの数も多くなっています。

●ヤマトシロアリ
ヤマトシロアリの生息範囲はとても広く、極寒地を除けば、多くの地域で被害を起こします。
ヤマトシロアリの厄介なところは、巣を見つけにくいことです。ヤマトシロアリの巣はその場の環境が変わると、すぐに巣を動かす特徴があります。しかも、とっても怖がりなので、なかなかその姿を見つけることが出来ないのが実情です。

それぞれ特徴が違うので、種類によって駆除方法は違って来ます。
1人で手に負えない場合は、プロの人に相談するのが良いでしょう。